アイソメDB専用部は、簡単な設定と簡単作図でプロジェクトの材料集計まで行うことができるシステムです。

アイソメDB専用部は部品データベースを持っているので、素早く正確に全体集計ができます。また、ユーザーが部品を簡単に追加することもできます。作図についても素早く簡単にを追求しました。

プラント設計者、オペレーターのためのアイソメシステムです。

※1 AutoCAD 2016,2017,2018,2019 に対応しています。

※2 BricsCAD v18 に対応しています。

※3 すでにAUSEをお持ちのユーザー様がお持ちのAUSEにISOME DB機能を追加した場合の価格です。

※4 AUSE/ISOME DBのオプションとしてAUSE/V3の機能を追加した場合の価格です。

※5 配管図専用部、水処理配管部のオプション機能となっており、単独では販売しておりません。

アイソメ設定

アイソメ設定は、アイソメ詳細作図のための各種設定が行えます。

  1. プロジェクト設定
  2. 図面設定
  3. シンボル作図設定
  4. 各部品の画層、描画色設定

など、様々の設定をこの画面から行えます。

アイソメ詳細作図

アイソメ詳細作図は、等角座標を使用し、設定された線幅のポリラインで作図します。

部品シンボルなどのアクセサリは作図したアイソメ配管上に挿入します。

コマンドラインに表示されるキーを押すことで、面の角度が選択可能です。また、シンボルを挿入すると自動的に配管をカットして作図します。

寸法・文字も同様に面の角度を選択して作図が行えます。

動画を見る

ユーザーシンボル登録

ユーザー独自のシンボルも簡単に登録できます。

あらかじめ用意された登録用図面の上に任意のシンボル図形を直交座標で作図します。

ユーザー登録シンボルも既存のシンボルとまったく同じように挿入時に自動的に等角図法で作図されますし、配管カットも自動的に行います。また、材料集計も同じように行われます。

このように、アイソメDBは簡単に作図集計できるだけでなくカスタマイズ性にも優れています。

動画を見る

アイソメ材料集計

配管スペックに基づいた材料を作図した部品の属性情報として付加しているので、材料欄に自動的にパイプ長さ・部品個数などが表示することが可能です。

これにより、材料欄作成業務が大幅に削減されます。

集計表に表示されている結果は、DBにも保存され、さまざまな条件範囲でのExcel出力も行えます。

動画を見る

積算数量書作成(AUSE BQ)

アイソメ材料集計でDBに出力された集計結果を確認できます。

プラント・エリア・ドローイング等、さまざまな単位での集計結果を積算数量書としてExcel出力できます。

また、クラス、ショートコードのデータを個別に設定できるので、お客様のプロジェクトにあったアイソメ材料集計を実現可能です。

動画を見る

SENTINEL SYSTEM DRIVER

AUSE/V3用ハードウェアロックのドライバーがダウンロードできます。