アズビルドモデルの3Dモデリング

設計業務にCADソフトが導入されて久しいですが、高度経済成長期に建設されたプラントに関しては、CADデータがないものも少なくありません。
そこで当社は、3Dレーザースキャナーを活用したアズビルドモデルの3Dモデリングをご提案いたします。

3Dレーザースキャナーと3Dモデリングの活用

3Dレーザースキャナーの点群データは、アズビルドモデルの3Dモデリングだけではなく、3Dモデルの計画と実行のシミュレーションに活用することができます。

点群データと3Dモデルのデータとを合成することで下図のように搬入ルート上で、干渉する場所があるか確認することができます。

図のように、機器モデルを移動させた場合、赤い個所があると干渉しているため、事前に問題点が視覚的に確認できます。

また、点群データと3Dモデルを重ねることで、経年劣化でひずみが生じた個所を判断することができるため、設備管理の場で活用することも可能です。