3Dでバーチャルシミュレート

当社では、Autodesk社製Navisworksを活用し、3Dモデリングの様々なシミュレーションを行っております。

干渉チェック

Navisworksの干渉チェック(Clash Detective)機能を使用することで、配管・機器・構造物の設計を最適化し、問題の早期発見が可能となり、コストのかかる遅延や手戻りを最小限に抑えます。

※上図では、配管と構造物が干渉しているイメージとなります。

工程管理(5D設計)

Navisworksの工程管理(Time Liner)機能を使用することで、施工および解体計画のシミュレーションが行え、進行状況の可視化(4D設計)が可能です。 また、工程にコストを含めることで、5D設計を行うことも可能です。

※上図では、機器の施工シミュレーションの経過イメージとなります。

配管熱応力解析

解析ソフトを使用し、一次応力解析および熱変位応力解析を行い、適切な配管ルートの決定と支持設計を行います。