3Dモデリングへの移行

近年、設計業務は、データの見える化として、2D設計から3Dモデルリングへと移行されてきました。
当社では、Autodesk社製AutoCAD Plant 3Dを使用し、3Dモデルリング化への移行を進めてまいりました。

なぜ、AutoCAD Plant 3D

AutoCAD Plant 3Dは、 CADソフトの中で世界屈指のシェアを誇るAutodesk社のAutoCADをベースに Autodesk社純正のPlant設計専用のCADソフトとなっています。
そのため、操作性やデータの親和性が、非常に高く、3Dモデリングの導入に対するハードルが低いことが挙げられます。

3Dモデルでインテリジェンスなデータ活用

従来のCAD設計では、図面上の部品シンボルはAutoCAD Plant 3Dで3Dモデリングを行うことで、 図面上の部品シンボルに材質・流体・最高圧力などの設計条件をオブジェクトのプロパティと持たせることが可能です。

また、作図した3Dモデルの各種部品は、データマネージャで、一覧を確認することができます。この部品一覧は、Excelに出力することが可能で、材料集計などに活用しています。

3Dモデルでデータの一元化

AutoCAD Plant 3Dには、作図しました3Dモデルを用いて、オルソ図(直行投影図面)、アイソメ図を出力する機能があります。
当社では、これらの機能を活用し、基準となる3Dモデル作成後、各種設計データ作成の効率化を図ってまいりました。